転職と言っても希望通りの企業が見つかるのか不安、転職でキャリアアップを考えているけれど転職リスクを考えるとなかなか行動ができない。など転職に不安を抱いている方のために転職で成功した人の事例をご紹介しております。

転職で成功した人に話を聞くことにした男性と転職成功者

転職の保留とマネージャーについて

転職とは、現在就いている仕事を辞めて、新しい仕事に再就職をし直すことを指します。

こちらの転職についてですが、例えば20代のときに転職をすることと、30代後半で転職をするということでは、転職のやり方などもかなり違ってくる、とされています。

一応、30代前半、つまり34歳までは「若年層」として扱われるため、正社員としての仕事が次の仕事先でも見つかる可能性は高いとされていますが、35歳を過ぎてからの転職の場合には、よほどに手に職がない限り、またはしっかりとした資格を持っていない場合には、転職は難しいとされています。

また、マネージャーというお仕事についてですが、これはよく耳にする言葉のように「芸能人などの付き人」のような方をマネージャーと呼びます。

実は、このようなマネージャーさんのお仕事は、求人雑誌などにも掲載されているほどであり、どの芸能人のマネージャーになるのか?ということは分かりませんが、都会などの求人情報雑誌には、よく掲載されている求人となっています。

ただ、基本的にほぼ24時間、その芸能人の管理、恋愛沙汰などを起こして事務所に迷惑をかけないか、などを行う仕事であるため、とても芸能界が好きでなければ、勤まらないお仕事でもある、とされています。
また、芸能人自身に気に入ってもらうことが出来なければ、すぐにクビにされてしまうなど、色々な側面があります。
逆に、営業能力が高いマネージャーさんの場合には、CMなどの仕事をその芸能人などのためにとってきてくれるため、とても尊敬される存在にもなる、と言われています。

一方で、保留という言葉についてですが、こちらは「転職などで採用が決まったものを一時期、待ってもらう」という意味になり、保留とは、「そのままの状態にしておいてもらう」という意味になります。