転職と言っても希望通りの企業が見つかるのか不安、転職でキャリアアップを考えているけれど転職リスクを考えるとなかなか行動ができない。など転職に不安を抱いている方のために転職で成功した人の事例をご紹介しております。

転職で成功した人に話を聞くことにした男性と転職成功者

施設警備業に転職する際必要となる要件について

有効求人倍率が好転して新卒中心に「売り手市場」になった昨今、就職氷河期に正社員になれなかった者や早期優遇退職した中高年の雇用の転職先の受け皿であった施設警備業ですが、意外と知られていない必要要件があります。まず、満18歳未満で自己破産者で復権を得ない人や犯罪歴のある人。次に成年被後見人など精神面での事理弁識能力に問題のある人、次にアルコールや麻薬やあへんの中毒患者など、これらに該当する人は施設警備業はおろか警備業そのものに従事することができません。これらの規定は警備業法等に明記さてれいて、それぞれこれらの項目に該当したい公的な証明書を転職の際必要書類として警備会社から提出が求められます。まず、満18歳未満で自己破産者で復権を得ていない人や犯罪歴のない人にに該当しない証明書として、本籍地で発行する身分証明書が必要になります。次に成年被後見人など精神面での事理弁識能力に問題がない証明書として、法務局が発行する成年被後見人に登記されていない証明書が必要になります。最後にアルコールや麻薬やあへんの中毒患者ではない証明書として、医師の診断を受けて発行してもらう診断書が必要になります。入社時にこれらの要件が必要になった背景には、警備業が発展する過程で生じた様々な不適切な行為があるからです。具体的には金に困って施設警備員に転職した者が、委託先の百貨店で商品を盗んで警察に逮捕された事件や暴力団関係者が警備業を営んで、労働争議が生じている事業所を暴力で労働者を排除した事案や、あるいは制服が警察官とさほど変わらなので一般市民から「お巡りさん、落とし物です」と金員を受領してそのままネコババした事件など数多く発生したからです。よって施設警備に転職する際にはこれら公的な役所や医師が発行する各種証明書の提出が前提になるのです。