転職と言っても希望通りの企業が見つかるのか不安、転職でキャリアアップを考えているけれど転職リスクを考えるとなかなか行動ができない。など転職に不安を抱いている方のために転職で成功した人の事例をご紹介しております。

転職で成功した人に話を聞くことにした男性と転職成功者

教職員のバイトの転職は色々ある

教職員の転職でよくあるのが、専門学校が募集している単発のバイトがあるという点です。
例えば、簿記の資格取得のための専門学校などでは、授業が3ヶ月とか短い期間で設定されている場合があるので、期間限定バイトとして募集していることがあります。
簿記3級程度であれば、80時間程度の勉強で取得が可能と言われており、1年間もかけて勉強する内容ではないため、専門学校でも、9月から11月にかけて授業できる方といった形で、期間限定バイトのような形で募集をかけるのです。
雇う側としては、有期雇用契約の契約社員扱いになるので、厚生年金や社会保険の加入をしなくていいといったメリットがあり、働く側としても、資格さえ持っていれば応募できるので、いいお小遣い稼ぎになるといった、お互いの利害関係が一致するバイトでもあります。
一つの専門学校に縛られなければ、そういった期間限定の講師を複数の学校で掛け持ちもできます。
一つの専門学校でもらう給料だけではやっていけないといった場合でも縛りがそんなにきつくないので、同時にほかのバイトをしたり勉強したりすることも可能になります。
例えば、職業訓練の講師などは、期間限定の契約社員であることがほとんどで、自分自身でそういった教室を運営していて、空いた時間を利用して、バイトをしているという人も中にはいます。
職業訓練であれば、そこに来ている人たちのほとんどが転職を希望している人たちなので、色んな業界を知っている講師が重宝されます。沢山色んな教室を持っていれば、それだけ視野が広がるということになりますので、一つの教室で講師をするより、いろんな人に巡り合えて、生徒はもちろんのこと、自分のスキルにもつながるといった利点もあります。