転職と言っても希望通りの企業が見つかるのか不安、転職でキャリアアップを考えているけれど転職リスクを考えるとなかなか行動ができない。など転職に不安を抱いている方のために転職で成功した人の事例をご紹介しております。

転職で成功した人に話を聞くことにした男性と転職成功者

制作業務における高卒の転職事情

高度成長期の日本は、肩書というのが大変重宝されました。誰もが良い大学を卒業し、大手の会社に就職することを夢見ていた時代です。ところが、バブルが弾けてしまい大手の会社でさえ次々に倒産してしまうような不況に陥ってしまうと、企業は慌てて即戦力になる人材を探し当てようと必死になりました。
未だに学歴社会の制度は根強く存在し、大卒と高卒の違いというのは年収などを見ても明らかではありますが、なにかしらの秀でた技術や能力さえ持っていれば、充分に逆転が狙える転職もあります。
とくにクリエイティブの世界で何かを制作し、それを販売していく企業においては学校で習う授業などほとんど役に立たないという仕事も存在します。職人のような技術が求められる現場の場合、その世界に長くいた人材のほうが上手く仕事がこなせるに違いありません。よって、高卒の求人は伸びていて、早い段階から育て上げ、プロフェッショナルを育成していこうとしている企業が増えています。
社会人としても若い内から大人の世界に浸っていた方が、人間関係のノウハウを身に付けることができます。いつまでも学生気分が抜けない大卒者よりもよほど即戦力になるケースも珍しくありません。
また、バブルが弾けてインターネットが普及したとき、日本ではベンチャー企業の流行がありました。そのときに起業した当事の若者たちの多くが、当事の社会の常識にはとらわれないという概念を抱いています。彼らが経営者として仕事をしている会社では、学歴を問わないところが多く存在します。安定と安心という終身雇用があったからこそ、学歴という仕事の出来栄えとはあまり関係のない点が重視されていましたが、現実的な数字の世界で勝負をしなければならない時代では、高卒であろうと、仕事ができる人間が重宝されます。